ピアノ発表会 子供の衣装はレンタルと購入どっちがいい?

dress013

ピアノの発表会、何かとお金がかかりますね。

 

私はこれまで10回以上、子供のピアノの発表会を経験してきましたが、子供の衣装、レンタルしたら、少しでも安くなるんじゃ?と思って、衣装のレンタル事情を調べてみました。

 

はっきり言って、値段だけ見たら、レンタルと購入でそれほど変わりません!ですが、値段以外にも、購入とレンタルで、それぞれ、いい所、悪い所があります。

 

そこで今回は、子供のピアノ発表会の衣装をレンタルするのと、購入するのではどっちがいいか、メリットとデメリットを解説します。

 

女の子と男の子で分けて解説していますので、子供の発表会のドレスやスーツを選ぶ際に、参考にしてみてください。

 

女の子の場合:ドレスはレンタルと購入、どっちがいい?

dress005

まずは、女の子の場合ですが、女の子のドレスは種類がとても多く、品質や値段も幅広くあります。

 

また、ドレスだけでなく、靴、パニエ、アクセサリー、タイツや靴下も必要になります。

 

では、ドレスをレンタルする場合のメリット・デメリットから解説していきます。

 

発表会のドレスをレンタルする場合

ドレスをレンタルする場合の値段は、ドレスと靴のセットで5,000円~ くらいです。

ドレスをレンタルする場合のメリット・デメリット

ドレスをレンタルする場合のメリット

・品質の高いドレスを安く選べる
・靴もセットになっている
・クリーニングの必要がない
・ドレスの保管場所を確保する必要がない

ドレスをレンタルする場合のデメリット

・ドレスの選択肢がすくない
・衣装(靴も)を着て練習することがあまり出来ない

ドレスを着るのは、ピアノ発表会の1回かぎりで、家に置いておく場所がないし、クリーニングも面倒!という方には、レンタルが向いています。

質の高いドレスを安く着せてあげられる、というメリットも大きいですね。

 

ただし、ペダルを使う曲の場合、靴を履いての練習は絶対に必要です。靴もセットになったレンタルドレスにすると、返却期限が決まっていますから、ご注意ください。

 

発表会衣装専門店エンジェルスクローゼット(長期レンタル対応、実店舗あり)

 

発表会のドレスを購入する場合

値段は、ドレスが3,000円~、靴が2,000円~ くらいです。

送料(お店までの交通費)、クリーニング代、保管場所も必要です。

ドレスを購入する場合のメリット・デメリット

ドレスを購入する場合のメリット

・ドレスの種類がたくさんある
・本番と同じドレス(靴も)を着て、何度でも練習できる
・発表会の後は、お姫様ごっこなどの遊びに使える
・結婚式など、近々、他に着る予定がある場合は、使い回せる
・姉妹がいれば、使い回せる
・思い出としてとっておける

 

ドレスを購入する場合のデメリット

・靴やアクセサリー、パニエなども一式用意する必要がある
・チョイスによっては、値段がだいぶ高くなってしまう
・姉妹がいれば使い回せるが、写真が同じになってしまう
・保管場所が必要
・クリーニング代がかかる

特に、幼稚園児や保育園児など、ちいさい女の子の場合、発表会がおわったあとは、お姫様ごっこに使えるというメリットがあります。

 

また、本番と同じ衣装を着て何度でも練習できますし、子供が練習をしぶったら、ドレスを見せてモチベーションを上げる、という使い方もできます。

 

ただ、ドレスだけでなく、靴や小物も必要になってきますので、トータルの金額ではレンタルよりも高くなってしまう場合があります。

 

キャサリンコテージ(私がいつも利用しているドレスショップです)

購入する場合、ドレスのサイズ選びはどうする?

ドレスを購入する場合、来年の事を考えて大きめのサイズを選んでしまいがちですが、発表会のドレスは絶対にジャストサイズを選びましょう!

 

大きめサイズを買ってしまうと、今年はぶかぶか、来年は小さくて入らない、という悲劇が起こる可能性が高いです。もし着れたとしても、2年連続写真が同じ、子供のモチベーションも下がる、など、あまりメリットがありません。

 

色やデザインの好みが変わっている場合もあります。逆に、パニエやタイツ・靴下などは、来年も使い回せる可能性が高いですね。

 

靴も1年後にはサイズが変わっている可能性が高いので、やはりジャストサイズを選んでおくのがおススメですよ。

 

男の子の場合:スーツはレンタルと購入、どっちがいい?

recital013

男の子の場合、ピアノ発表会の衣装(スーツ)は、レンタルもアリです。

発表会の衣装をレンタルする場合

スーツ、シャツ、ネクタイ、靴など一式で5,000円~

 

発表会の衣装を購入する場合

スーツ一式で5,000円~、靴が2,000円~
※送料、お店までの交通費、クリーニング代、保管場所も必要です。

 

女の子のように、衣装の選択肢はそれほど豊富ではありませんし、普段着る機会もほとんどないですね。次の年はサイズが変わっているでしょうから、1回だけしか着ないならば、レンタルの方がよさそうです。

 

レンタルならば、質の高い衣装を安く着れる、というメリットも。

 

ただし、レンタルの場合、衣装を着けての練習は、発表会の直前しかできません。ペダルを使う曲の場合、本番の靴を履いての練習は必須ですので、注意が必要です。

 

発表会衣装専門店エンジェルスクローゼット(長期レンタル対応、実店舗あり)

 

また、

・近々、七五三でスーツを着てお参りに行く
・家族でフォーマルな食事の予定がある
・結婚式に出席する予定がある
・思い出として取っておきたい

などの場合は、購入した方がいいでしょう。ただし、あまり先の予定だと、サイズが変わっている可能性が高いので気を付けてください。

 

キャサリンコテージ(私がいつも利用している発表会衣装のお店です)

まとめ:ピアノ発表会の衣装は、レンタルと購入、結局どっちがいいの?

recital006

レンタルと購入とで、それぞれ違ったメリット・デメリットがあることが分かっていただけたかと思います。

 

結論としては、どちらを選んでも値段はそれほど変わらないので、1度きりしか着る予定がないなら品質の高いレンタルもアリ、他に着る予定があったり、お姫様ごっこに使う場合は購入、かと思います。

 

最後までお読みいただいてありがとうございました。素敵な衣装を選んで、1年に一度のピアノ発表会をぜひとも成功させてください!