大人のピアノの始め方【初心者はここからスタート!】

otona-piano005

大人からのピアノの始め方について知りたい方
「全くのピアノ初心者なのでどこから手を付ければいいのか分からない。大人になってからピアノを始めるにはどうしたらいいのか知りたい。ピアノを始めるには何を用意すればいいの?」

 

こういった疑問にお答えします。

この記事の内容

  • まずはピアノが必要です【初心者におすすめは電子ピアノ】
  • ピアノ教室か独学か。学習方法を決める【いい先生を見つけよう】
  • ネット情報に頼りすぎは危険【ブログやyoutubeを上手に使う】

この記事を書いている私は、ピアノ歴40年、2人の子供たちもピアノを習っています。

 

私が子供の頃はピアノの練習が嫌いで、練習をさぼってばかりいたので、あまり上達しませんでしたが、ピアノ自体は好きだったので今でも細々と続けています。

 

大人になった今、どうすれば子供たちが嫌がらずに練習するか、どうすれば効率よく短時間で弾けるようになるのか、そんなことを日々考えるようになりました。

 

そこで今回は、「大人になってからピアノ始めたいけど、どうやればいいの?」という方に、経験に基づいたアドバイスのようなものをお話できたらな、と思います。

 

※記事は3分ほどで読めます。『ピアノって意外とハードル低いんだ』という事が伝わるかなと思います。

 

詳しい解説は、関連記事にリンクを貼っておきました。

 

まずはピアノが必要です【初心者におすすめは電子ピアノ】

piano002

アップライトピアノと呼ばれるピアノの価格の相場は、だいたい50万円~。グランドピアノなら、200万円以上します。

 

でも、大人から始める場合、ご近所への音漏れや、置く場所などの問題がでてきますので、電子ピアノがおススメです。

 

電子ピアノの価格の相場は、だいたい3万円~鍵盤のタッチも音も、驚くほどアコースティックピアノにそっくりです。

関連記事

ピアノの初期費用がいくらかかるか知りたい方 「大人からピアノを始めたいけど、いくらかかるのかなぁ。ピアノっていくら位するの?ピアノ教室って高いのかな。全くの初心者だけど、ピアノを始めるにはいくら必要?」  […]

otona-piano003

 

ピアノ教室か独学か。学習方法を決める【いい先生を見つけよう】

otona-piano010

次に、ピアノ教室に通うのか、それとも独学でやるのかを決めます。

ピアノ教室に向いている人

・近くに評判のいいピアノ教室がある

・お金の心配はない

・発表会に出てみたい

 

近くに評判のいいピアノの先生がいるのなら、まずは体験レッスンを受けてみます。

 

体験レッスンでは、先生との相性、レッスンのスケジュール、月謝、発表会の有無、などを確認します。

 

月謝の他に、教材費、入会金、発表会の参加費、発表会の衣装の費用、などもかかってくるので、独学にくらべるとお金がかかります。

 

目安としては、1年で約10万円~15万円くらいです。

 

独学に向いている人

・近くに評判のいいピアノ教室がない

・少しでも安く始めたい

・今さら、若い先生に注意されたりするのは嫌だ

 

近くにいいピアノの先生がいないなら、独学をおすすめします。いい教材があれば、いい先生のレッスンを自宅で受けられます。

 

独学教材は、音声付き(CDやDVD)の教本で、1,600円位から。

 

高品質なセット教材でも33,000円くらいで購入できます。少しでも安くはじめたいなら、独学に軍配が上がります。

 

ピアノ教室のように毎週レッスンに通うわけではないので、期限が決まっていないと練習をサボってしまうかも、という方は独学は向いていないかもしれません。

 

逆に、やる気があるなら、いつでも何時でも練習できますから、自分のペースでどんどん進められます。

関連記事

おすすめの「ピアノを始めたい大人用の独学教材」を知りたい方向けの記事です。   「ピアノを始めたい大人」向けの教材はたくさんありますが、どれを選べばいいのか分からない、という方も多いかと思います。 &nb[…]

otona-piano010

 

ネット情報に頼りすぎは危険【ブログやyoutubeを上手に使う】

smartphone

インターネット上には、ピアノを独学している方のブログや、ピアノ教室を運営されている方のサイトなど、色々な情報がころがっています。

 

ひょっとして、ネットでひろった情報だけで、独学できるんじゃないの?と思いますが、それはあまりおすすめ出来ません。

ブログを丸ごと印刷しても見にくいし、インク代がかかるし、時間がかかるし、とても効率が悪く、挫折してしまいがちです。

 

1つ軸となる教材を用意した上で、ネットの情報で足りない部分を補う、というような使い方がいいかと思います。

 

例えば、ユーチューブで演奏動画を試聴してみるとか、特定の曲を弾くコツを調べてみるとか。

 

特に、プロのピアノストの演奏動画などは、指先のアップも映ったりして、得るものが多いので、どんどん活用していきましょう。

 

まとめ:ピアノは、今すぐにでも始められます

piano004

とりあえず、電子ピアノを購入し、ピアノ教室を決めるか、独学用の教材を買えば、今すぐにピアノを始められることができます。

 

ピアノは、鍵盤をおせば音が出る、とてもハードルの低い楽器なんですよ。

 

迷っているならば、ぜひ1歩を踏み出してみてください。

 

ピアノのある生活はとてもステキです。最後までお読みいただき、ありがとうございました。

関連記事

ピアノの独学は可能なのか知りたい方 「ピアノを独学したいけど、やっぱり無理かなぁ。ピアノ教室に通うべきかな。シニアには無理?全くの初心者だけど、どうやれば曲が弾けるようになるんだろう?」   こういった疑[…]

otona-piano007