【Nintendo Switch Sportsスポーツ】やってみた感想/評価・レビュー

sports-cha-024

2022年4月20日、ついにスイッチ版「Nintendo Switch Sports」が発売されました!

 

さっそくプレイしてみた感想や評価を書いていきたいと思います。

 

スイッチスポーツはゲームの雰囲気がよく、解放的な景色を眺めているだけでも癒されます。

 

【Nintendo Switch Sportsスポーツ】やってみた感想/評価・レビュー

sports-022

スイッチスポーツを起動したら、まず最初に遊び方(対戦相手)を3つの中から選びます。

  1. 世界の人と遊ぶ
  2. 近くの人と遊ぶ
  3. フレンドと遊ぶ

 

「まさか、オンライン対戦や、一緒に遊ぶフレンドがいないと遊べないやつ???」

 

と、一瞬ビックリしましたが「近くの人と遊ぶ」を選ぶと、CPU(コンピュータ)相手に1人で遊ぶことができましたのでご安心を。

 

「世界の人と遊ぶ」とは、月額料金を払ってニンテンドースイッチオンラインに加入する必要がありますが、コンピューターと対戦するおためしモードもあります。

 

つぎに、自分の見た目を設定します。顔や髪型、服などを変更できます。Miiのアバターも使えますよ。対戦していくと、新しい外見をゲットできるようです。

 

準備が整ったら、いよいよスポーツ開始!

 

Switch Sports【バレーボール】の感想

sports-vol-018

まずは、バレーボールから。最初に基本レッスンで遊び方を教わります。チュートリアルってやつです。

 

自分のキャラのまわりに黄色いマークが出たらジョイコンを振ります。タイミングがいいと「ナイス」の表示が出ます。

 

レシーブ、トス、ブロックは動作が1回ですが、スパイクは「ジャンプして、打つ」の2つの動作をタイミングよくやらなければならないので、慣れが必要かも。ジョイコンを振る方向によって、スパイクのコースが変わります。

 

「黄色いマークが出るなら楽勝!」と思っていたら、本番はマークが出ず。記念すべき初戦は、1点も取れずに負けてしまいました。私、ちょろすぎますね……練習します。

 

「腕を振る」動きしかしないのですが、ちゃんとバレーボールの構えをとって体を動かしてプレイすれば、運動不足解消になりそうです。足は動かしません

 

Switch Sports【バドミントン】の感想

sports-bad-021

つぎはバドミントン。今度は、「世界の人と遊ぶ」を試してみました。ニンテンドースイッチオンラインに加入していなくても、コンピューターと対戦するおためしモードで遊べます。

 

とはいえCPU相手なので、バレーボールで「近くのフレンドと対戦」でCPU相手にプレイした時とほぼ同じでした。

 

バドミントンは、バレーボールに比べると感覚的にプレイできて割と簡単に感じました。

 

直感的にジョイコンを振るだけでオッケー。コート内を走り回ったりする必要はありません。

 

相手の動きを見てコースを左右にうまく打ち分けると、ポイントを取りやすいみたい。

 

何試合もプレイすると腕はかなり疲れます。

 

Switch Sports【ボウリング】の感想感想

sports-bowl-011

ボウリングは、「スタンダード」と「スペシャル」の2種類のレーンを選べます。「スタンダード」はふつうのボーリング、「スペシャル」は障害物が出てくるおもしろボーリングです。

 

今回は、スペシャルの方を遊んでみます。もちろん「初級」で。

 

「スペシャル」を選んだので、レーンの真ん中に障害物が出たり引っ込んだりするトラップが出てきました。他にも、レーンの途中の床が動いたり、仕切り板が出てきたりと、様々なトラップが満載です。

 

ZRボタンを押しながらボールを投げる動きをすると、自分のキャラが連動して動きます。自分のキャラを左右に動かしたり、球のコースを調整しておくと、わりと思い通りに球がころがっていってくれました。

 

リアルのボーリングでは私には絶対に取れないようなスコアが取れました。楽しい!

 

運動というほど動きませんが、ちゃんとしたフォームで投げれば全身を動かせると思います。

 

Switch Sports【サッカー】の感想

sports-soc-024

サッカーは、ジョイコンのふり方によって、高・低・左右に蹴り分けることができたり、大技「ダイビングヘッド」ができたりします。

 

スティックで自分のキャラを動かしたり、ジャンプやダッシュもあったりで、普通のゲームに近いかなと感じました。ただしキックは腕を振るので「腕の動作が大きいゲーム」って感じでしょうか。ちょっと難しかったです。

 

サッカーは、シュート対決以外は手でジョイコンを操作するので、実際にサッカーをしている感はないかもしれないですね。

 

サッカー場は広々としていて、周りの雰囲気もよく、とても癒されますよ。

 

Switch Sports【チャンバラ】の感想

sports-cha-024

チャンバラは、3つの刀から1つ選んで始めますが、とりあえず普通のカタナを選んで遊んでみました。

 

両手でジョイコンを持って上下左右に動かすと、かなり正確に自分のキャラが連動して動きます。刀型のアタッチメントをジョイコンに付けた方が、より気分が乗りそうですよ。

 

とりあえず、ジョイコンをブンブン振り回しておけば勝ってしまう印象ですが、それじゃつまらないのでちゃんと相手の動きを見て戦えるようになりたいです。練習しよっと。

 

チャンバラは、ちゃんと構えて動けば全身運動になりそうです。

 

Switch Sports【テニス】の感想

sports-ten-014

テニスは基本ダブルスのようですが、1人で遊ぶ場合、自分のパートナーは自分の影みたいなキャラが出てきます。でも影はボールには触らないので、結局シングルスのような感じ。

 

ラケットを振る向きやタイミング、振るスピードで球が決まります。早く(強く)降らないとボールのスピードが出ないので、腕が疲れます。

 

フォアとバックの動きも区別されるので、ちゃんと構えてラケットを振る感じでプレイすると運動になるんじゃないでしょうか。

 

【Nintendo Switch Sportsスポーツ】感想まとめ

sports-ten-015

6つの種目をプレイしてみて、難しさや運動の激しさ度がそれぞれ違うなと感じたので、ランキング形式でまとめてみたいと思います。

 

簡単にできたランキング

  1. ボウリング
  2. バドミントン
  3. テニス
ボウリングは、最初にコースを調整すると割と真っ直ぐに転がっていくので、簡単にいいスコアが取れました。バドミントンとテニスはラケットを振るだけでいいので、直感的にプレイできますよ。

 

難しかったランキング

  1. サッカー
  2. バレーボール
  3. チャンバラ
サッカーは操作項目が多くて使いこなすのが大変でした。自分がサッカーをやったことがないのも原因かもしれないです。バレーボール、チャンバラはタイミングが難しかったですよ。

 

運動量が多いランキング

  1. テニス
  2. バドミントン
  3. チャンバラ
テニス、バドミントンはずっと思い切り腕を振っているので、腕の疲労がすごい。すぐにボールが返ってきちゃうから。チャンバラは戦い方によるんでしょうか。私はずっと刀を振り続けてゴリ押しみたいな戦い方をしていたので疲れましたが、ちゃんと相手を見て適切に刀を振れるなら、3位はバレーボールかも。

 

以上、ニンテンドースイッチスポーツをやってみた感想でした。たくさんプレイして勝利数が増えると新しい要素が解放されるようなので、しばらく遊んでみたいと思います。

 

運動不足解消が目的なら、リングフィットアドベンチャーやフィットボクシング2の方がいいかもしれませんが、一人でもみんなでワイワイでも楽しめるゲームかと思います。
関連記事

[ 出典:Nintendo公式サイト ]   ニンテンドースイッチスポーツのショップオリジナル特典をまとめてみました。   ※Amazonではジョイコンに付ける「アタッチメントセット」が売られてい[…]

sports-005
関連記事

[ 出典:Nintendo公式サイト ] 2022年8月現在、「Nintendo Switch Sports ダウンロード版」の最安値は、Amazonの¥3,762です。   他ショップの価格一覧は、すぐ下の[…]

sports-005
関連記事

ランニングとかキツい運動は嫌だ どうせなら家で楽しく運動したい そんなものぐさな考えから、スイッチでできる運動ゲームを色々プレイしてみました。   自分の動きがリアルに画面に反映され、技[…]

rfa-menu001

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。