【フィットボクシング2】コントローラー用グリップを買ってみた

fb2-controller001

フィットボクシング用に、コントローラーに取り付けるグリップをAmazonで買ってみました。

 

装着してみると、ナックルダスターみたいで、ちょっと格闘技っぽい雰囲気。

 

RPGの武器とかにも出てきそうな様相で、気分も上がります。

 

今回は、フィットボクシング用の、ジョイコンに取り付けて使うグリップの使用感をレポートします。

 

グリップを付けた場合の手汗の様子、ボタンの誤動作、などについても考察します。

【フィットボクシング2】コントローラー用グリップを買ってみた

fb2-controller002

グリップの概要と使い方

フィットボクシングで使うコントローラー用のグリップは、「ジョイコンを持ちやすく、手から離れにくくする」という目的のための物です。

 

言い方は悪いですが、ただのプラスチックの塊で、電子的な要素はゼロ。アタッチメントと言いますか。

 

公式とか、純正とか、そういったグリップ商品は今のところ、販売していないようです。非公式のみ。

 

使い方はカンタン。

 

ジョイコンにグリップをスライドさせ、カチッと音がするまで差し込めば出来上がり。

 

ストラップを付けるときと、同じ要領です。

 

指を入れる穴が4つずつ開いていて、そこに指を差し込みます。

 

指が一本一本、開いた状態で、コントローラーをぎゅっと握って使います。

 

グリップを付けていいと感じた所

fb2-inst-evan12

1.気分が上がる

ジョイコンのみだとゲーム感が残りますが、このグリップを装着すると、戦闘態勢に入る感じ。

 

マンガとかゲームとか、格闘技系のキャラだと、拳の武器を付けてるじゃないですか。

 

メリケンサックとか、カイザーナックルとか、言いますかね。

 

ちょっとテンションが上がります。

 

気分的には、ボクシングのグローブの代わりです。

 

2.コントローラーが飛んでいかない

フィットボクシングでは、プレイ中にストラップを付けることが推奨されていますよね。

 

グリップを付けると必然的にストラップを付ける場所がなくなりますが、グリップだけでもジョイコンが飛んでいくことは、まずないと思います。

 

まず、ジョイコンとグリップはガッチリくっつくので外れる心配はなく、指を一本一本入れて、ジョイコンをしっかりホールドすることになるので、手からも簡単に外れません。

 

手汗をかいても、ツルっと滑って飛んでいく、なんてことはなさそうです。

 

ストラップだと、落とした場合に握りなおす必要があり、パンチをミスしてしまう可能性がありますが、このグリップなら、そもそも落とさないです。

 

3.カメラのシャッターボタンを押しやすい

フィットボクシング2をプレイ中に、左コントローラーの〇ボタンを押すと、プレイ画面や動画が撮影できますよね。

 

ただし、ジョイコンを握った状態でエクササイズしていると、ボタンがすごく押しにくい位置にあるのが難点。

 

このグリップを付けると、ちょうど左手の薬指で押しやすい位置にボタンが来るので、撮影したい時にとても便利です。

 

手の大きさ、指の長さによっても違いますが、私にはジャストの位置でした。

 

グリップを付けて悪いと感じた所

fb2-inst-rin-01

1.力が入りにくい

指を一本一本、広げるので、力が入りにくい。

 

そもそも、ナックルダスターという武器があるわけで、こうやって使うものなんでしょうけれども、握力が弱いせいでしょうか。

 

私には使いこなせないだけかもしれないし、慣れや、サイズ的な問題なのかもしれません。

 

2.サイズが合わない場合もある

私はわりと手が大き目な方ですが、手が小さい方は、使いにくく感じると思います。

 

ちなみに、小学校高学年の子供は、うまく装着できませんでした。

 

指の間が広がりすぎて痛い、と言っていました。

 

3.つけ外しが面倒くさい

ジョイコンの充電もあるので、グリップをつけっぱなしという訳にもいかないのです。

 

エクササイズのたびに付けたり外したりするのは意外と面倒くさいです。

 

ストラップでも同じことですが。

 

手汗対策になるか

fb2-best-hiro003

エクササイズ中、直でジョイコンを握りしめるのに比べ、グリップを付けると適度にスキマが空くので、風通しは多少よく感じます。

 

手汗はかくものの、ボタンがある方の面を手のひらで覆わないので、ボタン部分に汗は付きにくいです。

 

エクササイズ終了後は、ジョイコンの裏面とグリップ部分だけを、手入れをすればよさそうです。

 

ボタンの誤動作について

コントローラー用グリップを付けた状態で、ボタンの誤動作の可能性があるかどうかを検証します。

 

やんわり握るならボタンの誤動作はあまり心配ありませんが、ギュッと力を入れて握りしめる癖がある場合は、ちょっと注意です。

 

フィットボクシング2のエクササイズをしている間、有効なボタンは以下の通り。

右側
【1】ホームボタン
【2】+ボタン

左側
【3】〇ボタン

共通
【4】2L 2R

 

【1】右側のホームボタンですが、ジョイコンをギュッと握ると、右手の薬指で押してしまう可能性はあります。エクササイズ中にホームに戻ってしまうのは嫌ですね。でもまあ、よほど強く握りしめなければ大丈夫です。

 

【2】右側の+ボタンで、ポーズ(一時停止)になりますが、普通に握っていれば届かない場所なので大丈夫。

 

【3】左側の、ちょうど薬指の位置に、カメラのシャッターボタンが来ます。右のホームボタンのように、平らなボタンなので、こちらもよほど強く握りしめなければ大丈夫です。

 

【4】2L2Rボタンは、カメラを手動にしている場合、アングルを切り替えるときに使いますが、普通に握っていれば届かない場所にあるので大丈夫です。

 

【結論】コントローラー用グリップは、必須ではないと思う

fb2-best-janice003

総評としては、あっても、なくても、どっちでもいいかな、という感じ。どっちつかずでスミマセン。

 

サイズの問題もあるし、万人におすすめできるアイテムという訳でもなさそうです。

 

グリップを付けると、フィットボクシングが上手になるとか、スコアが上がるとか、そんなこともないですし。いらないと言えばいらないかも。

 

値段が安く、アマゾンで600円~800円程度で買えるので、試しに買ってみてもいいかもです。

 

ちなみに、わたしが購入したグリップはコレです。¥627でした。

 

今回は、ニンテンドースイッチ【フィットボクシング2】コントローラー用グリップについて、でした。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。