入院中のおすすめイヤホン【BEST5】選び方と注意点まとめ

earphone022

寝ながら使うのに特化したイヤホンのことを「寝ホン」といいます。

 

横になって使っても、耳が痛くならないように設計された優れモノです。

 

入院中すこしでも快適に過ごせるように、入院用イヤホンの選び方と注意点、さらにおすすめの寝ホンを5点、紹介します。

 

【寝ホン】入院中に使うイヤホンの選び方と注意点

earphone018

まずは、入院中に使うイヤホンの選び方と注意点から説明させてください。

 

イヤホンを使う場面は、病室でテレビを見る時と、スマホを使う時です。

 

イヤホンの選び方と注意点

  1. 寝た時に痛くない形状をえらぶ
  2. 病室のテレビを見るなら有線のイヤホンが必要
  3. テレビを見るなら延長コードも必須(100均で買える)
  4. スマホやタブレット限定ならワイヤレス(無線)が便利
  5. iPhone7以降で有線イヤホンを使うにはアダプタが必要

 

1.寝た時に痛くない形状をえらぶ

earphone014

入院時は寝ながらイヤホンを使うので「長時間、寝ながら使っても痛くならないこと」が最重要。

 

「寝ホン」は、柔らかい素材や小さめの形状で、耳を下にして寝ても痛くないように工夫されているものが多いです。

 

2.病室のテレビを見るなら有線のイヤホンが必要

入院中に病室のテレビを見たいなら、有線のイヤホンが必要です。病室のテレビはワイヤレスのイヤホンには対応していないことがほとんどです。

 

3.テレビを見るなら延長コード必須(100均で買える)

寝ながら快適にテレビを見るには、3mのイヤホン延長コードも必要ですが、これはダイソーなどの100円ショップで購入できます。

 

4.スマホやタブレット限定ならワイヤレスが便利

iphone002

スマホやタブレットでイヤホンを使う場合は、ワイヤレス(無線)のイヤホンが便利です。コードがぐちゃぐちゃに絡まったりしないので、快適に使えます。

 

5.iPhone7以降で有線イヤホンを使うにはアダプタが必要

iPhone7以降のアイフォンをお使いの方が有線イヤホンを使いたい場合、有線イヤホンの差込口がアイフォンについていないので、変換アダプタが必要になります(詳しくは後程)。

 

関連記事

入院中「寝ながらラクにできる」暇つぶしをお探しの方。   「読書」が定番ですが、入院中は「オーディオブック」の方が、本よりも圧倒的にラクです。   オーディオブックとは「プロが朗読した本を[…]

books025

 

入院中に使うおすすめイヤホンBEST5

それでは、おすすめの商品を紹介していきます。

 

BEST5としましたが、はっきり言ってどの商品も間違いないです。

テレビを見るか見ないかを基準に、予算に合わせて選んでみてください。

 

1.SxoSyo【超軽量&シリコン製 寝ホン】有線カナル型

1,400円程度と、お手頃価格の有線寝ホン。小さくて柔らかいので、寝ながら使っても耳が痛くなりません。短期の入院時だけに使うならコスパ優良です。

※1 寝ながら快適にテレビを見るためには、イヤホンの延長コード(3m)も必須。100均で買えます。

※2 iPhone 7以降のアイフォンで有線のイヤホンを使うには「Lightning - 3.5 mmヘッドフォンジャックアダプタ」が必要です。アップルストアで1,100円(税・送料込)で購入できます。

【アップルストア 公式サイト】

 

2.AGPTEK【超コンパクト寝ホン】有線カナル型

1,000円程度で買える、超お手頃価格の有線寝ホン。小さくて柔らかいので、寝ながら使っても耳が痛くなりません。コードも柔らかいので、耐久性は期待できません。「短期入院時の使い捨て」と割り切って使うならコスパ優良です。

※1 寝ながら快適にテレビを見るためには、イヤホンの延長コード(3m)も必須。100均で買えます。

※2 iPhone 7以降のアイフォンで有線のイヤホンを使うには「Lightning - 3.5 mmヘッドフォンジャックアダプタ」が必要です。アップルストアで1,100円(税・送料込)で購入できます。

【アップルストア 公式サイト】

 

3.CowBox【bluetooth5.0寝ホン ネックバンド式】ワイヤレス

2,400円程度で買える、ネックバンド式のワイヤレス寝ホン。ワイヤレスなので、コードが絡まったり邪魔になったりすることなく、快適に使えます。左右がつながっているネックバンド式なので、なくしてしまう可能性も少ないですね。付け心地もよく、コスパがとても良い商品です。

※ワイヤレス式なので、病室のテレビには使えません。

 

4.CowBox【bluetooth5.0最新技術空気管 寝ホン ネックバンド式】ワイヤレス

3番目に紹介したCowBoxネックバンド式寝ホンの高級バージョンです。左右をつなぐゴム管の中は配線がなく、空気で音が伝わってくるという技術なんだそうです。そのせいか、音質は優しくマイルドな感じ。入院中にはぴったりです。付け心地がよく、バッテリーの持ちも優良です。

※ワイヤレス式なので、病室のテレビには使えません。

 

5.1MORE【完全ワイヤレス寝ホン】ノイズキャンセリング カナル型

1万円ちょいの完全ワイヤレス寝ホン。超小型なので全く邪魔にならず、寝ながら使っても痛くなりません。周囲の雑音を遮断してくれる「ノイズキャンセリング機能」は、「大部屋で周囲の音が気になる」という方には便利な機能ですね。小さいので、なくしてしまわないように気を付けないと。

※ワイヤレス式なので、病室のテレビには使えません。

 

【まとめ】入院中のイヤホン選び方と注意点

earphone019

まとめです。

 

  • 入院中にイヤホンを使う場面はテレビ・スマホ
  • 寝た時に痛くない形状をえらぶ
  • 病室のテレビで使うなら有線イヤホンが必要
  • テレビを見るなら3m延長コードも必須(百均)
  • iPhone7以降のスマホで有線イヤホンを使うにはアダプタが必要
  • スマホだけならワイヤレスが快適

 

病室でテレビを見るかどうかで選び方が変わってくるので、そこを基準に選んでみてはいかがでしょうか。

 

ちなみに、百円ショップでは有線イヤホンも買えるので、「ちょっとだけテレビを見るかもしれない」という方は安い有線イヤホンと、使い心地のいいワイヤレス寝ホンの両方を用意していくという手もアリです。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

関連記事

入院中「寝ながらラクにできる」暇つぶしをお探しの方。   「読書」が定番ですが、入院中は「オーディオブック」の方が、本よりも圧倒的にラクです。   オーディオブックとは「プロが朗読した本を[…]

books025